プロミス 金利

消費者金融と銀行の融資

思いがけない出来事などで急にお金が必要になったら、銀行や消費者金融から融資を受けるという方法があります。銀行と消費者金融は、お金を借りる時にどのような違いがあるものなのでしょう。両方とも、利息をつけてお金を貸すという点では同じですが、部分的に違うことがあります。金融会社としての位置が、銀行と消費者金融では異なります。銀行は、貸付先を選び、わずかな人に大口の融資をいい条件で行うもので、消費者金融系では多くの人にちょっとずつの融資を行うという考え方です。銀行の審査は時間がかかり、内容も厳しめです。住宅や不動産を購入するため、事業資金にするためなどにまとまったお金を必要とします。何らかの理由で返済が滞った時のことを考えて、土地や建物を担保にしたり、保証人が必要になる場合があります。銀行系は、消費者金融よりもずっと低い金利でお金が借りられます。審査の時間が短く、条件も厳しくないことが、消費者金融系キャッシングの特徴です。消費者金融系のキャッシングは担保や保証人がなくとも本人の信用だけで融資が受けられますが、貸付金額は小口になります。消費者金融系では金利は日割で高めの傾向があるため、返済総額は銀行より高額になりがちです。銀行から融資を受ける場合と、消費者金融系から融資を受ける場合とでは条件がいろいろと違っているため、自分にとって使いやすいほうを選びましょう。

 

トップページに戻る