プロミス 金利

ローンでマンション購入するには

マンションを入手するためにローンを使うことがあります。庭付きの一戸建て住宅に住みたいとか、駅の近くの便利なマンションに住みたいと誰しも考えるものです。アパートを借りて住むことは難しくありませんが、自分の所有物ではない以上、いずれは手放さなければならない場所といえます。人によっては、アパートの家賃を払うくらいならマンションを買ってローンの返済にあてた方が合理的だと思うようです。家を購入して、そこでペットと生活したいと考えている人や、庭のお手入れに力を注ぎたいという人もいるようです。修復や泥棒対策に関しては家を買った場合は自分でしなければなりませんが、マンションならその面倒はありません。ローンを組んで返済をするという点から考えると、マンションの方が一戸建ての購入より良い面があります。住宅金融支援機構からのローンの場合、マンションより一戸建ての方が利用限度額が低く設定されているようです。木造一戸建てのためにローンを組むと、25年以内に利息をつけて全額を返さなければなりません。マンションは35年以内です。長期返済が可能な方が、返済不能になるリスクは少ないと考えられます。一軒家にしろマンションにしろ、資産価値自体に大きな違いはありません。ローンの金利が低く設定されている今、マンションの買い時と考える人は少なくありません。買ったマンションをどのように使うかによっては、更に人に貸すことによって新たな収入源にするという方法あります。購入したマンションを投資に使ってもいいですし、そこに住んでもいいでしょう。ローンを上手に使ってマンションを買うことで、可能性が広がります。

 

プロミスのページはこちらです。