プロミス 金利

ローンでマンション経営

ローンでマンション経営をしている人も少なくないようです。マンションの経営では、買ったマンションを賃貸として家賃収入を得ます。アパート経営は原資がないと始まらないと考えている人もいるようですが、家賃収入をローン返済に回すことができれば、ある程度は見切り発車ができます。マンションを購入するためにローンを組む時は、団体信用保険に入っている必要があるといいます。団体信用保険に入る目的は、ローンの完済前に融資を行った人が死んでしまった等のアクシデントがあった場合でも、保険金をローンの返済に充てるためのものです。完済前にやむをえない状況になったとしても、団体信用保険を使うことができればマンションは所有したままで、家族に返済の肩代わりを求めることもありません。購入していたマンションを人に貸していた場合は、マンションからの家賃収益を家族に引き継がせることが可能です。加えてマンションのローンの利率に生命保険料が含まれています。他の生命保険に入ることを考えずともよく、保険料の支払いをせずともいいという利点もあります。マンションを経営する場合、そのマンションの周辺環境や家賃設定は無視できない問題です。駅前のワンルームマンションは、空室になりにくく家賃収入が確実に得やすい場所だといいます。まずはさほど高くない物件から開始し、ローンの融資額が増えすぎないように家賃できっちり返済し、マンション件数を増やしていきたいものです。

 

プロミス 金利のページはこちらです。