プロミス 金利

キャッシングと住宅ローンの申込み

キャッシングと住宅ローンの申込みについて。キャッシングカードが一枚あれば、何かあった時でも金銭を用立てることが可能です。以前は今ほど審査基準が厳しくなかったため、主婦や学生が家族に知らせずにこっそりとお金を借りることもありました。しかし、貸金法が2010年に見直されたことによって、収入額に応じた借入れしかできない状態になりました。夫が合意しなければ、個人収入がない主婦のキャッシング利用は不可能になりました。何社ものキャッシング会社から融資を受けた結果、返済不能状態陥って破産する人が増えたことから、キャッシングの基準が見直されることになりました。住宅ローンのような借入金額が高額になりがちなキャッシングの場合、キャッシングの利用履歴が審査結果を左右することもあります。これまでキャッシングの返済を滞らせたことがあったり、返済トラブルを起こしたことがある人は、住宅ローンの審査の段階で断られてしまうことがあるので要注意です。返済ができなくなったため、保護者に頼みこんで返済残額をまとめて支払ってもらった経験があるという人は要注意かもしれません。何年も昔のことだったとしても、記録が存在している場合もあります。数年後結婚して家がほしくなった時、いざ住宅ローンを申込んだら、過去の履歴で審査に通らず借入できないケースもあるようです。キャッシングの申込みをする際は、無理な借り入れをしないように返済計画を立ててから利用したいものです。

 

プロミス 金利のページはこちらです。