プロミス 金利

カードローンの返済期間について

カードローンには、
返済期間と言うものがあります。

 

カードを使っている契約には、
期限を決める契約期間があります。

 

返済期限までに、借り入れた資金を
全額返金しなければなりません。

 

カードローンの返済期間は、
大抵1年から5年になっていて、
銀行系の場合、ほとんどが
1年更新になっています。

 

しかし、このような短期間では、
実際、返済しきれません。

 

返済期間というのは、カードの継続期間を示すもので、
会員証を定期的に更新しているにすぎません。

 

そのため特に身構えるようなものではありません。

 

借主が更新しない申請を行わない限りは、
自動的に更新されるものです。

 

但し、借主の審査も兼ねていて、
限度額や金利の増減が行われたりしている人は、
利用停止になることもあるので要注意です。

 

カードローンで借りたお金を返せなくなると、
最終の返済日やカードローンの契約を結んだ日から
5年で時効が成立します。

 

しかし、5年間、金融会社からの取り立てから逃げていれば、
借りたお金を返す必要がなくなるわけではありません。

 

時効の中断があるので、カードローンで
借りたお金を返済出来なくなったからといって、
時効を目指しても、時効が成立するようなことはありません。

 

プロミス 金利のページはこちらです。