プロミス 金利

カードローンの金利幅について

カードローンの金利幅については、
どのような意味合いがあるのかを
しっかり熟知しなければなりません。

 

大抵が、金利の幅のある形で設定されていて、
借入をする際、この幅の間で金利が決まります。

 

注意しなければならないのは、
金利幅の表示内容の仕組みを知らないで
カードローンを選ぶと、後で痛い目にあいます。

 

つまり、単純に金利を見て低金利だと思って借りると、
実は高い金利だったということがあるからです。

 

カードローンを選ぶ場合、
金利幅を見て選びますが、
最低金利だけを見て選んではいけません。

 

A社が4.8%〜18.0%で、B社が 6.3%〜17.8%だとすると、
A社の方が低金利のように感じます。

 

しかし、それが金利幅で注意すべきところで、
適用金利は融資額で変わります。

 

基本的に融資額が低い場合、
金利幅の後ろの率が適用されるので、
A社で借りた方が、金利は高くなってしまうわけです。

 

カードローンの金利幅は、こうしたからくりがあるので、
融資する額によって慎重に決めていかなくてはなりません。

 

金利幅の最低金利だけをみてカードローンを選択すると、
結果、高い金利のカードローンを
選んでしまっていたということになりかねません。

 

プロミス 金利のページはこちらです。