プロミス 金利

カードローンの金利計算法

カードローンの金利計算法で、
一番わかりやすいのが、10万円を年利10%で借り入れ、
それを30日で一括返済するケースです。

 

年利なので365日後には10万円x10%の利子がつき、
元金が10万円の場合、10%÷365日x30日で、
約822円になります。

 

そうすると、30日目の返済金額は、
100,000円+882円で、100,822円となります。

 

この金利計算法で、表示金利から
実際の利子を算出することができます。

 

カードローンの金利計算法がわかると、
自分なりの計画を立てることができるので
有意義です。

 

お金を借りる場合、例えそれが少額でも、
決して金融機関の言いなりになってはいけません。

 

まずは自分で返済のシミュレーションを
行うことが大事です。

 

そうすれば、自分でしか気が付かない
落とし穴を事前に発見できます。

 

金利の計算方法は、
利息=借入残高× 実質年率÷365日× 利用日数で
計算できるので、しっかりと頭に入れておくことです。

 

お金を借入れた時は、金融機関からの返済金額を
そのまま返済計画にしてはいけません。

 

生活パターンを加味した上で、
返済計画を立てて行くのがもっとも重要なので、
カードローンの金利計算法を大いに利用しましょう。

 

トップページに戻る